赤ちゃんのための葉酸サプリの選び方
*
赤ちゃんのための葉酸サプリの選び方 > 高齢出産には葉酸を > 高齢出産の妊娠高血圧症候群リスク

高齢出産の妊娠高血圧症候群リスク

妊娠高血圧症候群の症状

葉酸は多くのリスクを抱える高齢出産予備軍女性に欠かせない栄養素ですが、35歳以降で初めて妊娠、出産を予定している女性が背負うリスクの1つが「妊娠高血圧症候群」です。

 

血圧を計測する女性

 

かつて妊娠中毒症、と呼ばれていた妊娠高血圧症候群は、妊婦さん20人中1人の割合で発症するといわれています。高齢出産女性は妊娠高血圧症候群を発症しやすいので注意が必要です。

妊娠高血圧症候群は妊娠20週以降から、分娩12週を迎えるまでの時期に発症しやすく、特に妊娠32週以降に引き起こされる確率が急激に高まる傾向があります。しかも32週に満たない時期に発症した場合、重症化しやすいので油断できません。

妊娠中、もしくは分娩後の検査で血圧が上昇している場合、あるいは尿にタンパクが出ている場合、妊娠高血圧症候群と診断されます。妊娠高血圧症候群を発症してしまった妊婦さんから生まれた赤ちゃんは低出生体重児になる可能性が高く、重症化してしまった場合、母体は高血圧脳症や痙攣のリスクを伴います。

赤ちゃんも常位胎盤早期剥離が原因で早産、胎児死亡、新生児仮死、死産など深刻な事態に陥る恐れがあります。

 

妊娠高血圧症候群の原因・予防法・治療方法

原因は元々高血圧傾向がある体質以外にも、ストレスや生活習慣、肥満体型、40歳以上の高齢妊娠などの要素が考えられていますが、特定が難しいためハッキリした予防法も確立されていません。

妊娠高血圧症候群、と診断された場合、治療法は食事、生活習慣指導が行われ、重症患者に限り薬物療法が提案されます。場合によっては医師の診断で人工中絶を検討するよう指示されることもありますし、決して楽観視できないリスクの1つです。

この妊娠高血圧症候群に対する葉酸効果は現在研究段階にありますが、葉酸をしっかり摂取することで胎盤の血液障害を改善し、病気も予防できるのでは…との見方が有力です。

母体と赤ちゃんのために安心して飲める天然葉酸を比較してみました。→→天然葉酸サプリの比較


<<最も安全な葉酸はオーガニック天然葉酸です。「オーガニック天然葉酸」で検索して、ドクターズチョイスというブランドをやっと見つけました。>>